2017
2016
2015 前半
2015 後半



トップページへ
               
 想いを綴って

2018年4月24日

運転免許の更新で免許センターに行きました。
人があまりいないのでおかしいなと思うと、
講習時間が過ぎていて、受付けのみで
みんな帰る時間とのこと。
係の人に「出直します。」と言い、帰ろうとすると
「いつもはすごい行列なので、講習だけ後日にして、やりましょう。」と
アドバイスをもらい、いろいろ手続きをしました。
視力の検査で、誰もいなかったためか、
係の人はゆったり話しながら対応され、
私もいろいろ話していると、
「目が良くなったのですね。」と教えてくれ、
運転免許証から「眼鏡等」が消えました。
免許を取った時から記載があった眼鏡。
いつの間にかかけなくてよくなっていました。


2018年4月20日

ナチュラルハウスを新しい街で探していて
友達に教えてもらってから、よく行きます。
いつもの生活用品と全粒粉パンを求めて
レジに並ぶと、他にお客さんがいなかったためか、
「この時期、別の全粒粉パンもおすすめです。」と、
レジを離れてパンのコーナーに連れていってくれ、
あるパンをしきりにお薦めしてくれました。
あまりに熱心に言うので、私がこれも下さいと手にすると、
「ありがとうございます。」と話されました。
レジでLEDのフォトブックを渡すと、別の方も来て
知らなかったと二人で読み始めたのでした。


2018年4月14日

スーパーで始まった… その12)

「おいしいですよ、立ち寄って下さい」
「グリーンレンジャーさん、何ですか」
「僕の畑の、LEDなし、農薬なしの今朝採った野菜です。」
「トマトもおいしそう。これ下さい


2018年4月13日

夕方、まぶしくて、外を見ました。
ビルの窓に太陽が反射して、
まるで太陽が2つあるようでした。
もう一方に大きな太陽が
ゆったりとしていました。


2018年4月7日

スーパーで始まった… その11)

「はい、チラシをどうぞ」
「あら、Redレンジャー様、スーパーのチラシですか」
「明かりはLEDではなく、蛍光灯が良いですよというチラシです。
ファイブレンジャーのサイン入りです」
「もう一枚下さい
「私にもー


2018年4月1日

(ファイブレンジャーも…)

「街路灯がどんどん白熱球からLEDに替わっているけど、
ファイブレンジャーとしてどうする?」
「空中戦をして、LEDを白熱球に替えていく」
「うーん」
「タイムトラベルをして、白熱球の時代に戻る」
「ドラえもんにまかそう」
「ぼくの鼻息でLED電柱を吹き飛ばす」
「イエローレンジャー、それやってみよう」


2018年3月27日

(スーパーで始まった… その10)

「みんなで持ちよった手作りパーティ。
ボクはみんなが大好き、手巻き寿司」
「私は全粒粉で焼いた豆乳クリームケーキよ」
「僕は自家菜園の有機野菜の新鮮サラダ」
「ぼくはボリューム満点、大盛りカレーさ。
あれ、でも買ってきたにんじんと玉ねぎ、中が溶けているよ」
「イエローレンジャー、あのスーパーで買ったの?
あそこはLEDだよ」
LEDか。ぼくの手の汗で野菜まで溶けたのかと思った。あはは」


2018年3月20日

古くからの友達で、彼女が遠く南の島にいる時は
「原点」等の無有日記を印刷して送っていました。
ちょうど彼女が新しいLEDの場所に移った時に、
LEDの写真を見てもらった時は
一瞬ぎょっとして、困った顔をしていました。

先日、ゆっくりお茶を囲み、LEDのフォトブックを渡しました。
彼女は「これ、前も怖いなと思ったのよ。」と言いながら
じっくり手にとっていました。
彼女、変わったなと一瞬思い、
いえ、変わったのは私なのだと思いました。


2018年3月15日

(スーパーで始まった… その9)

「イエローレンジャー、背中が見えているよ。
あれ、前もお腹が出ているよ。シャツが短いの?」
「あそこのスーパーで変身シャツを注文したら、
いつもは5Lでちょうど良いのに
 LLみたいなんだ。LEDのせいかな
「…。」


スーパーで始まった… その8)

「ピンクレンジャー、どうして変身仮面をかぶっているの?」
「あそこのスーパーでLEDに当たった化粧水を買って使ったら、
顔がただれてしまったの」
「でも君は素顔が一番さ」
「うわーん、ありがとう」


2018年3月11


(スーパーで始まった… その7)

「ブルーレンジャー、何か暗くない?」
「最近眠れないんだ。世の中のために働いているけれど、
みんなにそう思ってもらえていない気がして。」
「そのベルト、どうしたの?」
「スーパーに特別注文して、
目立つように変身ベルトをLEDにしたのさ。」
「…。それ、取ってみたら?」
「あれー、何だか楽になったよ。」


(スーパーで始まった… その6)

「グリーンレンジャー、何泣いているの?」
「チューリップの球根を買ってきて植えようとしたら、
腐っていたんだよ。すぐに植えてあげなかったから。シクシク」
「あそこのスーパーで買ったんだね。LEDだよ。
一緒に蛍光灯の店で買って植えない?」
「きれいなチューリップが咲いたよ。
Redレンジャー、ありがとう。」


2018年3月8日

イチゴが突然届きました。
その方はずっと心の病院に通っていて、
時々会って話を聞いたり、ご飯を一緒に食べたりしていました。
今は遠く離れています。
電話をすると、もう病院に行かなくて良くなったことを
落ち着いた様子で話してくれました。
電話の後も嬉しくて、手紙とLEDフォトブックを送りました。
しばらくしてまた連絡が来て、
「太陽の恵みのようでした」と書いてありました。



2018年3月3日

(スーパーで始まった… その5)

「あれ、イエローレンジャー。お弁当、何個食べているの」
「あそこのスーパーに行ったら、
お弁当2つ、シュークリーム2つ、
おせんべいお徳用一袋、大福2個買って食べているんだけど、
お腹が一杯にならないんだ。LEDのせいかな」
「君の場合はそれだけじゃないかも…」
「Redレンジャ-、大福あげるよ、1個食べて



(スーパーで始まった… その4)

「どうしたの、ピンクレンジャー。なんか怒っているの。」
「あそこのスーパーで買い物をしていたら、
何だかイライラしてきて、やらなきゃならないことが
たくさんある気がして、急いでいるの。じゃ、また!」
「そうか。あそこはLEDだよ。商店街で買物してみない。」
「あれー何だか楽しくなってきた。
Redレンジャ-、ありがとうー…


2018年3月1日

(スーパーで始まった… その3)

「おじいさん、何かありましたか」
「ばあさんがこの紙に書いているものを買ってきてほしいと
言うもんで。けんど明かりがLEDで、よく見えんのじゃ。」
「おじいさん、“ちくわ”ですね」
「おぉ、“ちくわ”か。わしゃ、“ちわわ”と見えたんじゃ。
Redレンジャー様、やさしいのー…


2018年2月23日

数年前ドイツに一緒に行った方が、九州から来ました。
他のドイツの仲間も合わせて集まり、
帰りに、新幹線駅まで送りに行きました。
お別れ前にさっとLEDフォトブックをお渡ししました。
写真を見て、
LEDで植物がどんどん枯れていますよね。
蛍光灯がお店からなくなっているので、
困っています。」と。
私は九州行きの新幹線に
いつまでも手を振っていました。


2018年2月18日

(スーパーで始まった… その2)

「おばあさん、どうしました」
「あ、よろけてしもうた。明かりがまぶしゅうて」
LED照明ですよ。蛍光灯のスーパーがおすすめですよ」
「ありがとうございますだ。蛍光灯のスーパーにしますじゃ。
Redレンジャー様、ほれぼれするのー…



2018年2月16日

4年に1回のガス点検。
平日に当たっていたのを休日にかえてもらい、
点検を受けました。
ガスの状態と、日本全国のガスの種類を教えてもらい、
私も知らなかったですと話しながら、
LEDのチラシとお茶をお出ししました。
その方も知らなかったですと話しながら
LEDのチラシを見て、
最後にそうなのかと、うなずいていました。


2018年2月10日

(スーパーで始まった…)

「お嬢さん、買い物リストを落としましたよ」
「あ、ありがとうございます。LED照明はどこにあるか分かりますか」
「お嬢さん、照明はLEDではなく、地球にやさしい蛍光灯がおすすめですよ」
「ありがとうございます。蛍光灯にします。Redレンジャー様、ステキ…


2018年2月6日

(映画監督) 世界の平和を守る「ファイブレンジャー」、よーい、カンッ!

よい子の味方
Blueブルー。やさしい子の味方Greenグリーン
もりもり食べる子の味方
Yellowイエロー。可愛い子の味方Pinkピンク
わっはっは、オレ様は意地悪な子の味方LEDレンジャー!

(映画監督) カット、カーット。世界平和よ。やり直し!

よい子の味方
Blueブルー。やさしい子の味方Greenグリーン
もりもり食べる子の味方
Yellowイエロー。可愛い子の味方Pinkピンク
やあ、ぼくは正義の味方
Redレッドレンジャー

(映画監督) Redレッドレンジャー様、最高~


2018年2月1日

ワークに行く前に焼き芋を買うお店があり、
ワークの帰りに新幹線で食べて帰るのがすきでした。
先日、そのお店でお芋そのものが売っていて、
ふかし芋にしようと買って帰りました。
ところが、いつまでふかしても硬いまま。
切っても黒いスジで生のゴボウのよう。
茹でてサラダにしようと茹でても、黒いまま。
これまで何も知らない時は、そういうお芋は
そういう性質のためだと思っていました。
けれど、これはお芋でも農家の方でも何ものでもなく、
LEDだと思いました。
そのお店もお芋の場所は普通の照明であるものの、
ショーケースが所々、LEDでした。
おいしいふかし芋を食べたかったと思いました。


2018年1月25日

東京の知人にLEDのチラシ等を届けに行きました。
雪がチラホラしてきて、「東京の雪か。」と思いながら
歩きました。ちょうどご不在で、軒先に置き、
歩き始めました。
雪はドンドン降ってきて、「東京でこんなにか。」と思いながら
歩き続けました。
用事を済ませて、夕方、都心の公園の近くを通ると、
足が雪に埋もれ、歩けなくなりました。
西に向かう新幹線に乗り込むと、少し遅れたものの
走り始めました。
雪は新幹線に叩きつけるようでした。
ある地域で全く雪はなく、いつもの風景になりました。
新幹線は止まり、雪を降ろす作業をすると、
何事もなかったかのように、走り続けたのでした。


2018年1月20日

その方はいつもニコニコ私の話を聞いていました。
困った話もニコニコ。
私も最後に泣いたりしながら、笑いました。
そして「おいしいコーヒー、飲んで下さい。」と
あるコーヒーショップのチケットを下さいました。
その方は東日本の震災の時に亡くなりました。

偶然、そのコーヒーショップに行くことがあり、
「あれ?このお店。」、と同時に、その方の笑顔が現れました。
無有さんのセンテンスを差し上げた時に
読んでいた表情が懐かしく、
コーヒーの湯気の中に浮かんできました。


2018年1月14日

最近、寒さが続くせいか、朝の電車の中で倒れたり、
プラットフォームの柱でうずくまっている人がいます。
声をかけ、椅子のあるところまで肩をかけて一緒に行きます。
待っている人は、近くにいるのかもしれません。

急に北海道からの電話で、近くに行くので、会いたいとのこと。
その方に会うのはいつぶりか分からないくらいでした。
食事をしながらLEDのチラシを渡すと、
驚いて「そうなの?」を連発していました。
そして話の中で、お孫さんが発達障害の傾向があるとつぶやき、
最後にチラシをいただきますねと、しまっていました。
待っている人は、近くまでやって来てくれるのかもしれません。


2018年1月8日

冬のよく晴れた日、小さい頃に過ごした街を
自転車で回りました。
雪が道路に積もっていて、キーンとした冷たい風に吹かれると、
ああ、この空気だと感じました。
「あれー、久しぶり。」と言われながら、LEDのチラシを知った方に渡し、
また自転車をこぎながら
どこまでも高い青空に吸い込まれるようでした。

  
 
トップページへ