2017
2016
2015 前半
2015 後半



トップページへ
               
 想いを綴って


2018年10月10日

台風の日、新大阪駅に行きました。
駅は既にすべての電車の運転を止め、歩いている一般の人も
駅員さんもいず、ネズミの足音さえ聞こえそうでした。
外は大雨でタクシーも見つかりません。
どうしようと思った時、
スターバックスのあかりが見えました。
あたたかい灯に心からホッとしました。

先日、また機会があり、
そのお店に行きました。
台風の夜に開けてくれたことを話しました。
すると「あの日、やっていたのはうちだけだったんですよ。
困る人がいると思ったんです。」と。


2018年10月7日

早朝に急に目が覚めて、外を見たくなりました。
外を見ると、朝5時台の空に
虹がかかっていました。
虹が私に「見て。」と
声をかけてくれたように思いました。


2018年10月2日

以前、LEDのチラシをお渡ししていた
コーヒーショップに久しぶりに行きました。
お土産のコーヒー売り場の照明が
LEDから白熱球に替わっていました。
帰りにLEDフォトブックをお渡ししたところ
早速読まれていました。

このような風景が少しずつ
周りに広がっています。


2018年9月28日

今。
これからの今が始まりそうな、
どこまでも広がる
青いあおい空です。


2018年9月20日

LEDフォトブックを送っていて、
何もお返事がない方がいました。
ふっと思い出した頃、自然災害にあわれたとのことで
手紙を送っていたところ、急に電話がきました。
初めて経験した怖さだったと、色々話されました。

次の日、手紙がきて、
中に「食の風景」のことが書いてありました。
以前お渡ししていたことを忘れていたのですが、
それが今に繋がっていた気がしました。


2018年9月14日

たまに行く駅前のおからドーナツ屋さんに顔を出すと、
いつものお店の方の横にオーナーがいました。
もし良ければと言いながら、LEDフォトブックを渡すと
オーナーが「うちはLEDは使わないよ。」と一言。
いつものお店の方が、
「いや、この人は…。」と説明をしてくれました。
オーナーはそうでしたか、とページをめくっていました。


2018年9月6日

9月になり、
何かヴェールに包まれていたようなものが
スルッととれて、
シンプルになった気がします。
ゆで卵の殻がむけた感じです。


2018年8月30日

夏の終わり、数年ぶりの方が
突然訪れました。
最初、お名前を聞いて、
「え?」と思い、走って行きました。
白髪の方は笑顔で待っていました。

その週末、LEDフォトブックを持ち、
ご自宅に伺いました。
奥様も待っていて、お二人と懐かしい話をしました。
先日の訪問は、ポリープの手術をして
退院した数日後だったことを知りました。
LEDフォトブックを
その方は感じていらしたのかなと思いました。


2018年8月23日

東日本の震災の際に、
一緒に水汲みをした友人が、
数年ぶりに会いにきてくれました。
震災が落ち着いた頃に
彼女が倒れて、私が病院に連れて行ったこと、
その後、いろいろなことがあったことを話しました。
彼女は倒れた後、冊子を私にもらい、
今でもそれを大切にしていると話しました。
LEDフォトブックをお渡ししました。


2018年8月15日

新幹線に乗っていたところ、
車掌さんが来て「席を間違えています。
次の駅でこの席の方が乗ってきますので、
今のうちに…。」と穏やかに話されました。
恥ずかしく、隣の車両に移ると、また来られて
「どうぞゆっくり過ごして下さい。」と一言仰り、立ち去られました。
なぜか心に残り、私もしばらく外の景色を見ていました。

最終の駅で降りる前に、丁度来られたので
LEDフォトブックを差し上げると、腰をかがめて読まれました。
このような出会いもあるものかなと思いました。



2018年8月11日

いつもの駅前のホームレスの方に
LEDフォトブックを差し上げました。
ページをめくられ、私もLEDの話をしましたが
よく分からない様子でした。
けれど最後に表紙を見て
「みかん大好きなんだ。」と嬉しそうでした。


2018年8月5日

暑い日にイベントをやっている公園に行きました。
芝生には裸足になって昼寝をしている外国の方もいて、
青い空がどこまでも広がっていました。
イベント会場の隅に、みかん農家が自家製のみかんを並べていました。
お声をかけてみかんを選んでいるうちに、
LEDフォトブックを差し上げると、表紙のみかんを見て
「あなたもみかん農家ですか?」と、
ページをめくられ、「これは?」と聞かれるので
LEDの話をしました。
知らなかったと、陽に焼けたお顔がニコッとされました。



2018年7月31日

夜、月をぼんやり眺めていました。
あまりに美しく、月とお話をしていました。
そして、いつか私達みんなの首がなくなると良いなと話し、
自分に思わず「え???」でした。


2018年7月25日

昼間。太陽がとても元気で、
嬉しさがどこまでも広がっていきます。

夕方。ピンク、オレンジ色の夕焼けが
どこまでも広がり、
みんなでいつまでも空を見つめます。

夜。澄み切った月が現れて、
何か懐かしい気持ちがどこまでも広がっていきます。


2018年7月21日

いろいろなことが起きて、流れていきます。
何年も連絡をしていなかった方が
急に電話を下さったり、
LEDフォトブックをお渡しして離れていた方が、
会いにきてくれたり…。
数年ぶりの方には長い電話の後に
LEDフォトブックを送りました。
その方はフォトブックがほしかったのかもしれません。


2018年7月13日

ドイツから突然ダンボールが届きました。
紅茶と手紙が入っていて、
「あなたがドイツに来た時、紅茶がおいしいと言っていたので
その紅茶を贈ります。」とのこと。
私は紅茶が好きなのですが、
その方は紅茶ポットを、底からキャンドルの炎で温めていて、
その炎で温まった紅茶がおいしかったのです。
人は優しい炎を見ると、こんなにも
心が穏やかになるのかと感じたのを思い出しました。


2018年7月8日

東日本の震災の際、
空港が津波に襲われ、飛行機も流され
再び元の空港になるには数年かかると言われていました。
けれど、数か月で復興し,
人の動きや物流が元通りになりました。
先日、その時にその復興に携わった方に
お目にかかることがありました。
食事を一緒にし、私も当時仙台にいたので
空港が元通りになった時のお話をしました。
LEDフォトブックをお渡しすると、
早速ページに目を通され、
最後に「アリガトウゴザイマス。」と
笑顔でお話されました。



2018年7月3日

大きな雷とともに大粒の雨。
日傘だったので、走って近くのお店に入りました。
以前LEDのチラシをお渡ししたお店だったことを、
サラサラの髪のお姉さんに会って思い出しました。
「あれからLEDが怖くなりました。」と仰るので、
フォトブックを渡しました。
しばらくするときれいな夕焼け。
夏の始まりです。


2018年6月28日

自分の気持ちをみんなの前で
そのまま話す機会が以前より増えた気がします。
これはなぜだろう。
LEDフォトブックやチラシを何も思わずに
渡すことがきっかけになったのかもしれません。

ある方と話していて、いつの間にか
みんながシーンと話を聞いていて、
「僕もそうなんですよ。」と思わず私の側まで
来られる方がいました。
全部自分なのだなと思いました。


2018年6月23日

LEDフォトブックをお渡ししていた
ブティックに行くと、いつものお姉さんではなく
お母さんがぼんやり座っていました。
急にお店を閉めることになり、お姉さんが私に
渡したいという洋服をカウンターに置いて、
待っていたとのこと。

お母さんがこのお店を始めたきっかけ等を
話し始め、
次第に御自身の身体の不調を話されるので
そのままヒーリングをしました。
帰る時には、お母さんとまたお会いする約束をしました。


2018年6月20日

このタイミングで御連絡をもらうことがありました。
その中で、福島から「え。この方?」ということがあり、
何となく私のことよりその方が気になり、
話してみると、流れだすように
いろいろお話されました。
私もそのまま聞き、
福島を想いました。

LEDフォトブックをお送りしました。


2018年6月16日

青空の日、大きな書店で雑誌を読んでいました。
選んで帰ろうとしたところ、
目の前の雑誌に横から手を伸ばした方がいました。
身体をよけてその方を見ると、知り合いの方でした。
声をかけるとしばらく分からない様子で、
「ああー。」と気が付かれました。
お茶を誘い、話していると、最近感じていることを話され、
私もうんうんとうなずきながら聞きました。
帰る時にLEDフォトブックを渡すと、
「読みます。」と早速読まれていました。

帰り道、青い空がますます青くなっていました。


2018年6月7日

LEDフォトブックはこの方には
無理だろうなと思っていた方々に、
さっと流れていきます。
その後で「あ、渡っていった…。」と思いながら
何かがほどけていくような気持ちがします。


2018年6月2日

LEDのチラシやフォトブックをお渡しして、
その方の体調の話になり、
一日中スマホやパソコンを見ているためか、
腰痛がひどいと話されるので、
腰に手を当てることが何度かありました。
「ちょっと後ろを向いて下さい。」と言うと
相手の方も「はい。」とすぐに後ろ向きになり、
そのまま手を当てているのが不思議なような、
普通のような…。
LEDの話から、どんどん展開して、
新しい関係が広がっているようです。


2018年5月24日

ある駅前に豆乳のドーナツ屋さんがあり、
ドーナツを買いながら、LEDのチラシをお渡ししました。
これまでもLEDの写真をお渡ししていたので、見せた途端、
「LEDですね。」と話されました。
私の後ろに長い行列があったので、早々に去ろうとすると、
聞きたいことがあったんです。LEDで栽培した野菜があるでしょ。
食べたらどうなるんです。こんなに害があるのに。」とのこと。
私は「怖いですよね。」と後ろの人を気にしながら話すと、
「そうなんだよ。そんなの恐ろしいよ。」と
私の顔を見ながら、なぜか納得したかのようにうなずいていました。



2018年5月18日

次の場所に行くのに、ぽっかりと時間があきました。
近くに住んでいる80歳代の方に電話をしました。
約束の時間に行くと、その方は既に杖をついて立っていました。
ティールームでランチをしようとすると、その方は
「私、耳が遠いので、テーブルをくつけて、
ソファで二人並んで話したいの。」と仰るので、
二人とも並んで座りました。
LEDフォトブックはお送りしていましたが、
他の方にも渡したいと、数冊また差し上げました。
ランチをしながら、その方の腰に
後ろから手を当てると
「温かいわ。あなたの手、どうしたの。」と目をつぶっていました。

会う前は杖をついていた方が、
別れるときは「バイバイ。」と仰り、
スタスタ行かれる後ろ姿を、見送りました。


2018年5月10日

スーパーで始まった… その13)

「イラッシャイマセ。キョウハ、ブリガ、オカイドクデス」
LEDのスーパーだと、お店の人もLEDみたいになるのね」

「いらっしゃーい。今日はブリが活きがいいよ!」
「普通の蛍光灯の魚屋さんはいいわね。3切れ下さいな!」



2018年5月5日

ピピッ、チチッ。
朝からスズメの声が外からします。
リンゴの皮や芯をベランダに置いているので、
鳥達が遊びにきます。
楽器がない縄文の昔、
私たちは鳥や動物の歌に合わせて
音楽を奏でていたのかなと思います。


2018年4月29日

冬の初め、友達と歩いていて風が冷たく、
ちょうど「コーヒー豆」の旗が風になびいていました。
喫茶店と思い、入ったところコーヒー豆屋さんで、
コーヒー会社を退職して豆屋さんをしている方に
コーヒーを淹れてもらい、お話をしたことがありました。
春になり、一人でまた行くことがありました。
その方は覚えていて、
「あれから息子が結婚したのですよ。」と
写真を見せてくれました。コーヒーをいただきながら、
私もLEDのチラシを渡したところ、
「えー。知らなかった。そうですか。いや、知らなかった。」と
さかんにおっしゃいました。
庭にメダカを飼っていて、こんな出会いもあるのだなと
春の風を感じました。


2018年4月24日

運転免許の更新で免許センターに行きました。
人があまりいないのでおかしいなと思うと、
講習時間が過ぎていて、受付けのみで
みんな帰る時間とのこと。
係の人に「出直します。」と言い、帰ろうとすると
「いつもはすごい行列なので、講習だけ後日にして、やりましょう。」と
アドバイスをもらい、いろいろ手続きをしました。
視力の検査で、誰もいなかったためか、
係の人はゆったり話しながら対応され、
私もいろいろ話していると、
「目が良くなったのですね。」と教えてくれ、
運転免許証から「眼鏡等」が消えました。
免許を取った時から記載があった眼鏡。
いつの間にかかけなくてよくなっていました。


2018年4月20日

ナチュラルハウスを新しい街で探していて
友達に教えてもらってから、よく行きます。
いつもの生活用品と全粒粉パンを求めて
レジに並ぶと、他にお客さんがいなかったためか、
「この時期、別の全粒粉パンもおすすめです。」と、
レジを離れてパンのコーナーに連れていってくれ、
あるパンをしきりにお薦めしてくれました。
あまりに熱心に言うので、私がこれも下さいと手にすると、
「ありがとうございます。」と話されました。
レジでLEDのフォトブックを渡すと、別の方も来て
知らなかったと二人で読み始めたのでした。


2018年4月14日

スーパーで始まった… その12)

「おいしいですよ、立ち寄って下さい」
「グリーンレンジャーさん、何ですか」
「僕の畑の、LEDなし、農薬なしの今朝採った野菜です。」
「トマトもおいしそう。これ下さい


2018年4月13日

夕方、まぶしくて、外を見ました。
ビルの窓に太陽が反射して、
まるで太陽が2つあるようでした。
もう一方に大きな太陽が
ゆったりとしていました。


2018年4月7日

スーパーで始まった… その11)

「はい、チラシをどうぞ」
「あら、Redレンジャー様、スーパーのチラシですか」
「明かりはLEDではなく、蛍光灯が良いですよというチラシです。
ファイブレンジャーのサイン入りです」
「もう一枚下さい
「私にもー


2018年4月1日

(ファイブレンジャーも…)

「街路灯がどんどん白熱球からLEDに替わっているけど、
ファイブレンジャーとしてどうする?」
「空中戦をして、LEDを白熱球に替えていく」
「うーん」
「タイムトラベルをして、白熱球の時代に戻る」
「ドラえもんにまかそう」
「ぼくの鼻息でLED電柱を吹き飛ばす」
「イエローレンジャー、それやってみよう」


2018年3月27日

(スーパーで始まった… その10)

「みんなで持ちよった手作りパーティ。
ボクはみんなが大好き、手巻き寿司」
「私は全粒粉で焼いた豆乳クリームケーキよ」
「僕は自家菜園の有機野菜の新鮮サラダ」
「ぼくはボリューム満点、大盛りカレーさ。
あれ、でも買ってきたにんじんと玉ねぎ、中が溶けているよ」
「イエローレンジャー、あのスーパーで買ったの?
あそこはLEDだよ」
LEDか。ぼくの手の汗で野菜まで溶けたのかと思った。あはは」


2018年3月20日

古くからの友達で、彼女が遠く南の島にいる時は
「原点」等の無有日記を印刷して送っていました。
ちょうど彼女が新しいLEDの場所に移った時に、
LEDの写真を見てもらった時は
一瞬ぎょっとして、困った顔をしていました。

先日、ゆっくりお茶を囲み、LEDのフォトブックを渡しました。
彼女は「これ、前も怖いなと思ったのよ。」と言いながら
じっくり手にとっていました。
彼女、変わったなと一瞬思い、
いえ、変わったのは私なのだと思いました。


2018年3月15日

(スーパーで始まった… その9)

「イエローレンジャー、背中が見えているよ。
あれ、前もお腹が出ているよ。シャツが短いの?」
「あそこのスーパーで変身シャツを注文したら、
いつもは5Lでちょうど良いのに
 LLみたいなんだ。LEDのせいかな
「…。」


スーパーで始まった… その8)

「ピンクレンジャー、どうして変身仮面をかぶっているの?」
「あそこのスーパーでLEDに当たった化粧水を買って使ったら、
顔がただれてしまったの」
「でも君は素顔が一番さ」
「うわーん、ありがとう」


2018年3月11


(スーパーで始まった… その7)

「ブルーレンジャー、何か暗くない?」
「最近眠れないんだ。世の中のために働いているけれど、
みんなにそう思ってもらえていない気がして。」
「そのベルト、どうしたの?」
「スーパーに特別注文して、
目立つように変身ベルトをLEDにしたのさ。」
「…。それ、取ってみたら?」
「あれー、何だか楽になったよ。」


(スーパーで始まった… その6)

「グリーンレンジャー、何泣いているの?」
「チューリップの球根を買ってきて植えようとしたら、
腐っていたんだよ。すぐに植えてあげなかったから。シクシク」
「あそこのスーパーで買ったんだね。LEDだよ。
一緒に蛍光灯の店で買って植えない?」
「きれいなチューリップが咲いたよ。
Redレンジャー、ありがとう。」


2018年3月8日

イチゴが突然届きました。
その方はずっと心の病院に通っていて、
時々会って話を聞いたり、ご飯を一緒に食べたりしていました。
今は遠く離れています。
電話をすると、もう病院に行かなくて良くなったことを
落ち着いた様子で話してくれました。
電話の後も嬉しくて、手紙とLEDフォトブックを送りました。
しばらくしてまた連絡が来て、
「太陽の恵みのようでした」と書いてありました。



2018年3月3日

(スーパーで始まった… その5)

「あれ、イエローレンジャー。お弁当、何個食べているの」
「あそこのスーパーに行ったら、
お弁当2つ、シュークリーム2つ、
おせんべいお徳用一袋、大福2個買って食べているんだけど、
お腹が一杯にならないんだ。LEDのせいかな」
「君の場合はそれだけじゃないかも…」
「Redレンジャ-、大福あげるよ、1個食べて



(スーパーで始まった… その4)

「どうしたの、ピンクレンジャー。なんか怒っているの。」
「あそこのスーパーで買い物をしていたら、
何だかイライラしてきて、やらなきゃならないことが
たくさんある気がして、急いでいるの。じゃ、また!」
「そうか。あそこはLEDだよ。商店街で買物してみない。」
「あれー何だか楽しくなってきた。
Redレンジャ-、ありがとうー…


2018年3月1日

(スーパーで始まった… その3)

「おじいさん、何かありましたか」
「ばあさんがこの紙に書いているものを買ってきてほしいと
言うもんで。けんど明かりがLEDで、よく見えんのじゃ。」
「おじいさん、“ちくわ”ですね」
「おぉ、“ちくわ”か。わしゃ、“ちわわ”と見えたんじゃ。
Redレンジャー様、やさしいのー…


2018年2月23日

数年前ドイツに一緒に行った方が、九州から来ました。
他のドイツの仲間も合わせて集まり、
帰りに、新幹線駅まで送りに行きました。
お別れ前にさっとLEDフォトブックをお渡ししました。
写真を見て、
LEDで植物がどんどん枯れていますよね。
蛍光灯がお店からなくなっているので、
困っています。」と。
私は九州行きの新幹線に
いつまでも手を振っていました。


2018年2月18日

(スーパーで始まった… その2)

「おばあさん、どうしました」
「あ、よろけてしもうた。明かりがまぶしゅうて」
LED照明ですよ。蛍光灯のスーパーがおすすめですよ」
「ありがとうございますだ。蛍光灯のスーパーにしますじゃ。
Redレンジャー様、ほれぼれするのー…



2018年2月16日

4年に1回のガス点検。
平日に当たっていたのを休日にかえてもらい、
点検を受けました。
ガスの状態と、日本全国のガスの種類を教えてもらい、
私も知らなかったですと話しながら、
LEDのチラシとお茶をお出ししました。
その方も知らなかったですと話しながら
LEDのチラシを見て、
最後にそうなのかと、うなずいていました。


2018年2月10日

(スーパーで始まった…)

「お嬢さん、買い物リストを落としましたよ」
「あ、ありがとうございます。LED照明はどこにあるか分かりますか」
「お嬢さん、照明はLEDではなく、地球にやさしい蛍光灯がおすすめですよ」
「ありがとうございます。蛍光灯にします。Redレンジャー様、ステキ…


2018年2月6日

(映画監督) 世界の平和を守る「ファイブレンジャー」、よーい、カンッ!

よい子の味方
Blueブルー。やさしい子の味方Greenグリーン
もりもり食べる子の味方
Yellowイエロー。可愛い子の味方Pinkピンク
わっはっは、オレ様は意地悪な子の味方LEDレンジャー!

(映画監督) カット、カーット。世界平和よ。やり直し!

よい子の味方
Blueブルー。やさしい子の味方Greenグリーン
もりもり食べる子の味方
Yellowイエロー。可愛い子の味方Pinkピンク
やあ、ぼくは正義の味方
Redレッドレンジャー

(映画監督) Redレッドレンジャー様、最高~


2018年2月1日

ワークに行く前に焼き芋を買うお店があり、
ワークの帰りに新幹線で食べて帰るのがすきでした。
先日、そのお店でお芋そのものが売っていて、
ふかし芋にしようと買って帰りました。
ところが、いつまでふかしても硬いまま。
切っても黒いスジで生のゴボウのよう。
茹でてサラダにしようと茹でても、黒いまま。
これまで何も知らない時は、そういうお芋は
そういう性質のためだと思っていました。
けれど、これはお芋でも農家の方でも何ものでもなく、
LEDだと思いました。
そのお店もお芋の場所は普通の照明であるものの、
ショーケースが所々、LEDでした。
おいしいふかし芋を食べたかったと思いました。


2018年1月25日

東京の知人にLEDのチラシ等を届けに行きました。
雪がチラホラしてきて、「東京の雪か。」と思いながら
歩きました。ちょうどご不在で、軒先に置き、
歩き始めました。
雪はドンドン降ってきて、「東京でこんなにか。」と思いながら
歩き続けました。
用事を済ませて、夕方、都心の公園の近くを通ると、
足が雪に埋もれ、歩けなくなりました。
西に向かう新幹線に乗り込むと、少し遅れたものの
走り始めました。
雪は新幹線に叩きつけるようでした。
ある地域で全く雪はなく、いつもの風景になりました。
新幹線は止まり、雪を降ろす作業をすると、
何事もなかったかのように、走り続けたのでした。


2018年1月20日

その方はいつもニコニコ私の話を聞いていました。
困った話もニコニコ。
私も最後に泣いたりしながら、笑いました。
そして「おいしいコーヒー、飲んで下さい。」と
あるコーヒーショップのチケットを下さいました。
その方は東日本の震災の時に亡くなりました。

偶然、そのコーヒーショップに行くことがあり、
「あれ?このお店。」、と同時に、その方の笑顔が現れました。
無有さんのセンテンスを差し上げた時に
読んでいた表情が懐かしく、
コーヒーの湯気の中に浮かんできました。


2018年1月14日

最近、寒さが続くせいか、朝の電車の中で倒れたり、
プラットフォームの柱でうずくまっている人がいます。
声をかけ、椅子のあるところまで肩をかけて一緒に行きます。
待っている人は、近くにいるのかもしれません。

急に北海道からの電話で、近くに行くので、会いたいとのこと。
その方に会うのはいつぶりか分からないくらいでした。
食事をしながらLEDのチラシを渡すと、
驚いて「そうなの?」を連発していました。
そして話の中で、お孫さんが発達障害の傾向があるとつぶやき、
最後にチラシをいただきますねと、しまっていました。
待っている人は、近くまでやって来てくれるのかもしれません。


2018年1月8日

冬のよく晴れた日、小さい頃に過ごした街を
自転車で回りました。
雪が道路に積もっていて、キーンとした冷たい風に吹かれると、
ああ、この空気だと感じました。
「あれー、久しぶり。」と言われながら、LEDのチラシを知った方に渡し、
また自転車をこぎながら
どこまでも高い青空に吸い込まれるようでした。

  
 
トップページへ