2020


トップページへ
               
 想いを綴って


2021年7月23日

どうしようと思っていることがあり、
立ち止まってしまいました。
何か何かのタイミングで友達に相談すると、
スッとアドバイスをもらいました。
太陽と地球が応援してくれていると思い、動いてみると
広い野原に出た気がしました。


2021年7月19日

夕飯の準備を始める時、ろうそくに火をともします。
バーリーケーキを食べる時、ろうそくの灯で過ごします。
辺りはシーン。ろうそくの灯がゆらゆらしているだけ。
あっという間に時が流れることもあり、
逆にまだこんな時間だったの、と驚くこともあります。


2021年7月14日

朝、部屋に太陽の光が届き、目が覚めます。
窓を開けると青い空が広がっています。
雲もありません。
おはよう!。ウグイスも鳴いています。
午後、雲が出てきて、やがて黒い雲が空を覆いました。
雷がドンガラドンガラと鳴り始めます。
同じ空なのに、どうしてこんなに違うのだろう。
バーリーケーキを普通に焼き、今日も幸せを感じます。


2021年7月9日

地磁気(50)⑬」にブラックホールが登場。
ブラックホールといえば、なぜか怖いイメージがあります。
マンガに出てくる、帰ってこられないような、意味不明のような。
けれど今回のブラックホールは、懐かしい気持ちがします。
覆われていたものがなくなったような…。
とてもシンプルになった気がします。


2021年7月4日

キュウリを植えていましたが、
その中で元気がなくなり、やがて枯れてしまったキュウリがありました。
そのままにしていたところ、干からびてしまいました。
ある朝、昨日まで茶色になっていたキュウリが
なくなっているのに気付きました。
植物は地球に帰るのだと思いました。


2021年7月1日

朝、背の高い知り合いの男性が背中を丸めて立っていました。
急に思い出したように、「先日は本をありがとうございました。」と振り返って言い、
「雨のせいですかね、気分が滅入ります。」と暗い表情で話してきました。
彼と話したのは数回だけ。その彼が自分の状態をパッと私に伝えてきました。
私はハッとして「あなたの笑顔は最高ですよ。」と伝えました。
彼は嬉しそうな顔をして、歩いて行きました。


2021年6月26日

立ち止まりそうになっていたことが
ふっと、次に動いていました。
いろいろなことがありますが、
「地磁気(50)」を読むことができる今、ワクワクしています。


2021年6月21日

大雨の日、朝から無有日記を読んでいると
友達が、思いがけず声をかけてくれました。
一緒に傘をさして森林公園を歩き、
お互い次から次へと思っていたことが出てきました。
雨の中もツバメがスイーッと飛んで行くのを一緒に見て、
最後は、地球が元気になることだよねと笑って話しました。


2021年6月16日

駅前を車で通ると、大きな黒人の男性がバックパックのような格好で
何かをスマホで検索していました。道を探しているようですが
誰も彼のことを見ていません。
しばらくしてスーパーに入ると、さっきの男性がパンや牛乳を買っていました。
白いタンクトップ、下は短パン。
リュックを背負い、野球帽をかぶっていて、腕の筋肉がすごいのが分かります。
私はバナナを買い、お店を出ようとすると、出口にさっきの男性が
買ったものをすべて店先の地面に置き、小さいバックを出して入れようとしていました。
しゃがんでいる彼の横を、何人もの人が通って行きます。
英語で「このビニール袋、使いますか?」とバナナを取り出して袋を差し出すと、彼はキョトン。
「この食べ物、全部入ります?」。彼は笑顔になりました。
そして「どうもありがとう。」ときれいな日本語がかえってきました。
私は小さい女の子のように嬉しくなり、ビニール袋を渡すと、走っていきました。


2021年6月12日

朝からバーリーバナナケーキを焼き、
人に送ったり自分で食べたりして過ごしました。
そこに仲間の日記で、バーリーホットケーキがおいしいと載っていました。
私もバーリーホットケーキは大好き。
早速作って食べてみました。おいしい。
毎回味が変わったり、毎回おいしいのが不思議です。


2021年6月11日

自分のためではなく、地球のために生きる。
以前、ムーさんが言ってくれた言葉が浮かんできます。
太陽が毎日元気な姿を見せてくれる今日この頃。
みんなもこの太陽を見ているかなと思い、
一日太陽を感じながら、歩いています。


2021年6月5日

大雨が降った次の日は、青い空が広がりました。
庭に裸足をブランとさせて、青空を眺めていました。
一つの白い雲が目に入り、
その雲の端がピンクになりました。
あっという間に、雲全体がピンク色になり、
見ていると、次第にピンクの雲が青空に透明に溶けていきました。


2021年6月1日

朝、太陽の光が部屋に入ってきてくれて、目が覚めました。
一日気持ちが軽く、歩いて過ごしました。
夕方、大きな夕陽が見えて、
みんなもこのピンクの夕焼けを見ているかなと思い、
さあ、家に帰ってバーリーケーキを作ろうと思いました。


2021年5月27日

朝からクワを持って作業をしていると、
知らないうちにスイカが黄色の花を咲かせていることに気付きました。
「本当にスイカがなるんですか。」。
苗屋さんで話して、買ってきたスイカ。植えたことも忘れていました。
今年はマイ・スイカが食べられるかな。


2021年5月22日

いろいろなことが起きますが
普通にバーリーケーキを焼いて食べられることが幸せです。。
今日も焼けた、今日はうまくいった等と思えることが嬉しいです。


2021年5月16日


昨年、仲間に種を分けてもらった
大麦がいつの間にか豊かな実を付けていました。
いつも見ていた気がしたのですが
こんなに立派な大麦が生っていたとは…。
今日もシトシト雨が降っていますが
太陽に早くこの大麦を見てもらいたいです。


2021年5月11日

最近、バーリースコーンやバナナケーキがおいしくなりました。
前は緊張して作っていたことを思い出し、
今は同時並行にパッと作れるようになりました。
家族にも「前よりもおいしい。」という感想をもらい、
スコーンとした青空に、バーリースコーンが似合うようになりました。


2021年5月5日

新しい駅と乗り換え方法を友人に教えてもらい、
友人と駅で別れました。
別れてすぐに、ジャージを着た外国の男の子に話しかけられました。
「〇〇(駅)」と切符の券売機を指しています。ブラジル人かな。
「〇〇円、これよ。」と指すと、彼が切符を買いました。
帰り道、無有日記を読みながら立って外の風景を見ていました。
だんだん人が少なくなり、ガランとしたなと思った時、
目の前にさっきの男の子がいて、
「どうぞ。」と腕を広げ、彼の横の席を立って指しました。
「すぐに降りるので。」と断り、その後「やっぱり、座ります。」と彼の横に座りました。
彼も私もポカポカとした感じで、同じ空間にいました。


2021年5月3日

鳥のおしゃべりで目を覚ましました。
長くつを履いて、クワで作業をします。
まだ朝早く、空気も穏やかです。
バーリーケーキを食べて、太陽を見つめました。
笑っているかな…。


2021年4月29日

バーリーケーキを作ろうと
アーモンドをゴリゴリとすっていると
バーリーホットケーキも作りたくなりました。
バーリーケーキを作っていると、
みんなも今頃作っているかなと思い、
気持ちが宇宙に飛んで行くようです。


2021年4月26日

バーリーケーキを焼こうと、
朝から作り、ほわーっと焼き上がりました。
パクパク食べて、とてもおいしかったです。
タイミングで仲間のケーキをごちそうになり、
ケーキからその方の優しさが伝わってきて
幸せになりました。


2021年4月20日

コーヒーショップに行き、
コーヒーとアボカドサンドを注文して
座っていました。
出てきたのが、ソーセージサンドで、
違いますよ、アボカドですよと伝えました。
ちゃんとカウンターで待っていてくださいと
逆に注意されました。
次に出てきたのがベーコンサンドで、
アボカドなのですが…とカウンターで話して、席に座りました。
他のお客さんも、自分のところに違う注文が来たとカウンターで話し、
大変なことになりました。
アボカドサンドが出てきたときには、
やっとアボカドが来た~と思いました。


2021年4月15日

今日もたくさん歩きました。
帰ってバーリーケーキを焼こうと思うと、
何だかウキウキしてきます。
フライパンを新しくして、バーリーホットケーキを焼くと、
ホットケーキが空中回転して、ナイスキャッチ!


2021年4月10日

何もないけれど、すべてがある。
そんな気持ちがしてバーリーケーキを食べました。
心が雲もない青い空と一緒になるようでした。


2021年4月1日

‛次の前の唯一大切な準備は、「心を白紙にする」こと’
心に残っているムーセンテンスが
朝、起こしてくれました。
また歩いて行きます。


2021年3月28日

次に行くとき
バーリーケーキを焼き、持って行きます。
バーリーケーキとコーヒーがあれば
嬉しさがこぼれます。


2021年3月23日

家に帰ってバーリーケーキを焼きます。
どうしてか一緒にリンゴを食べたくなります。
そのリンゴの皮を取っておいて、
公園を走るときに鳥達にあげます。
夜に撒いておくと、朝にはなくなっています。
きれいに食べてくれる鳥達。
仲間のように感じます。


2021年3月18日

家に帰ると、座り込むことがあります。
しばらく黙っています。
けれど、バーリーケーキを食べようと思い、
作っていると、いつの間にか変わっていて、
また次に歩いています。


2021年3月13日

朝早く、電車をかなり早目に、出かけようと思っていました。
駅にも早くついて、まだ余裕があります。
そこにちょこんと隅に‛駅ピアノ’でグランドピアノがありました。
近くに駅員さんがいたので、聞いてみると、どうぞとのことです。
BTSの‛ダイナマイト’を弾きました。
はがれている白鍵もありましたが、優しいピアノで
前の持ち主が大切にしていたことが思われました。
時間に余裕を持つことで
楽しい何かが生まれました。


2021年3月9日

バーリーケーキがおいしいです。
バーリーバナナケーキも再び作るようになり、
最初にどうしてあのように緊張していたのかと思い出します。

日中は青空が広がり、雲もありません。
小鳥がさえずり、草花が風にそよいでいます。
そのような穏やかな風景が続いています。


2021年3月5日

先日、白鳥がいる川に行きました。
すでに多くの白鳥たちはシベリアに向かって旅立っていて、
毛が黒い幼い白鳥と、羽をけがしている白鳥のみがいました。
これから行くのかな。それとも飛べなかったのかな。
本当は仲間たちと行きたかっただろうに。
地球がどんどん元気になったら
渡り鳥はどうなるのかな。白鳥もずっと日本にいるのかな。
それとももっともっと自由になって、旅をするのかなと思います。


2021年3月1日

この冬、北の方からリンゴ農家が来て、
青空の下、リンゴを売ってくれました。
私はキズがついたり、落ちたリンゴを買っては、
コーヒーと一緒に楽しんでいました。
先日、今日が最後という日でした。
「人に食べてもらう分は、今年はなくなりました。」とのこと。
人に?。それはどういうことか…。
リンゴ農園の近くにサファリパークがあり、
オランウータン、サルやライオンがキズリンゴを食べていて
彼ら用のリンゴ以外はなくなってしまったということでした。
オランウータン、サルも食べているおいしいリンゴ。
私も一緒に食べていたのだと知りました。


2021年2月24日

冷たい風と粉雪が舞う一日でした。
夕焼けの中、フットサルをやっているので、見に行きました。
寒いせいか、いつもより人数が少なく、あれ?という感じです。
「やらないっすか?」の一言で、私も加わりました。
コートを走れるか、と思いましたが、不思議と足が軽いのです。
どうしてこんなに軽いの…。
サッカー経験者の男性の中でついていくのがやっとでしたが、
優しさでゴール前でパスをもらい、シュートを決めました。
足が軽いとは、何て素敵なのだろうと思いました。


2021年2月23日

晴天で雲もなく、太陽が輝いていました。
けれど強い風が吹き、外に出ると飛ばされそうでした。
バーリーケーキを作ろうと思い、
バーリーバナナケーキを久しぶりに作りました。
始めてバーリーケーキを作った緊張感が蘇り、ドキドキ。
オーブンに入れて、焼きました。
急に歩きたくなり、森に行きました。
森の中は風がなく、樹々がサヤサヤしていました。
帰ってバーリーバナナケーキを食べると
しっとりとしておいしく、スタートに戻ったようでした。


2021年2月19日

バーリーホットケーキを作り、リンゴと一緒に食べます。
幸せ…。
バーリーホットケーキは太陽のようです。


2021年2月16日

夜、バーリークッキーを作っていました。
材料をボウルに入れ、さあ、手でひとまとめにしようとした時でした。
ゴーッとした音がして、地震でした。
ボウルがすぐにひっくり返り、横のコーヒーカップが
飛んでしまいそうになり、とっさに手でカップを押さえました。
おさまって外に出て、しばらくして帰りました。
部屋中、バーリークッキー(但しベチョベチョ)で、
どこかホッとした空気になっていました。


2021年2月13日

バーリークッキーを持って
森を歩きました。
どこに腰かけて食べようかと思うと、ワクワクしました。
食べると「おいしい。」が
青空に向かってこぼれました。


2021年2月9日

バーリーケーキを作るようになって
何かがシンプルになった気がします。
「お腹がすいた、バーリーケーキを作ろう」
「いろいろ考えてしまう、バーリーケーキを作ろう」


2021年2月4日

ヒアシンスの球根を、岩塩の入っていた容器に
水を入れて、育てています。
‛ピンク’のヒアシンスの球根を買ってきたつもりが
白が咲きました。
白も素敵だなと思って、
ヒアシンスと外の太陽を眺めます。


2021年1月31日

バーリークッキーを作って、
今日はしっとりできたなと、おいしく食べました。
外を見ると強風の中、太陽は力強くサンサンとしていました。
リンゴの皮とパンを持って、川に向かいました。
ここは市内にあるものの、川岸でたくさんの白鳥が冬を過ごすところ。
「コウコウ」と白鳥が鳴く中、
白鳥もカモも鳩も、なぜかカモメも、
リンゴの皮をパクパク食べていました。


2021年1月26日

バーリーホットケーキを作って食べ、
BTSの“ダイナマイト”をピアノで弾きます。
弾き方でこんなにも表現できる曲なのかと、驚きます。
ダイナミックにもなり、ヒップホップにもなり、
楽しい感じにもなり、優しい感じにもなります。


2021年1月23日

バーリークッキーを作って食べると、少し塩辛いと・・・。
前もバーリーホットケーキを作った時に
そのように言われたのを思い出しました。
その時々で味が変わって感じられるのが
不思議です。


2021年1月21日

いろいろなことがあっても、
しょぼんとなっても、なぜか平気です。
太陽が元気で、私たちを照らしてくれているのを見ると、
「家に帰ったらバーリーケーキを焼こう。」と思い、
楽しくなってきます。


2021年1月18日

ベランダのプランターにリンゴの皮を入れておきます。
ひよどりがいつの間にか来て、なくなっています。
私が部屋でバーリーホットケーキを食べていると
ベランダで何かの音が・・・。
ひよどりがリンゴをついばんでいます。
私がいても気にしない様子。
おいしい物の前では人も鳥も一緒・・・。


2021年1月13日

朝、外を見ていると
空がピンクに染まり、しばらくすると太陽が顔を出します。
この時期の太陽が好きです。
空気がキーンとしていて、太陽がクリアになります。
昼間も雪の中、太陽が元気で、目を開けていられないくらい眩しくて、
パチパチとまばたきをします。
家に帰ってバーリーホットケーキを焼こうと思うと、嬉しいです。


2021年1月11日

バーリークッキーを焼き、食べました。
香ばしくて、これがクッキーかなという感じでした。
その後、家族のいろいろな想いが出てきて、
「そうだったのね。」という感じになりました。
またバーリークッキーを作って、
どんどん歩いていきたいです。


2021年1月7日

太陽が元気で雪景色。
バーリーケーキを作って、何だか幸せを感じています。


2021年1月5日

冬休みに何度となくバーリーケーキを焼きました。
ちょうどリンゴと一緒に食べていたので、
たまったリンゴの皮を持って、公園の池に行きました。
今年はカモがたくさん。
リンゴの皮に、向こうからもカモが飛んできて、
「もうないカモ~。」。

  
トップページへ